膨大な分析結果。M2Jバンザイ
MT4の三種の神器?を用いて、トルリピ君が各種トレード手法の最適値を占います。
したがって、ロスカットをもたらす危険な情報満載ですので、ご注意してご覧下さい。

記事の分析結果は今後も同じ結果をもたらすことは皆無です。実施したい場合、ご自身で
バックテストを十分に行い再検討してから実施してください、鵜呑みで真似はしないで下さい。
トラップリピートイフダンをFX(外交為替証拠金取引)で使えるのはマネースクエア・ジャパンだけなのですが、
当ブログではMT4で個人所有のPCから都度注文を取引会社サーバに出して、特許を侵害せず真似しています。
MT4で使っているFX会社はポジションが建つと証拠金が発生します。M2Jはトラップリピートイフダンを設定した時に
証拠金が発生するので、結果を真似したい場合は証拠金額を売り予約ポジションの差額分だけ余分に用意して下さい。

しょぼいPCで分析しているため、時間短縮のために大きな足の開始値のみで分析しています。本当は1分足とか
ティックで分析すれば良いのですが、それでは何百時間もかかります。1時間足でも何十時間もかかります。
ですので、1時間内に激しく上下する相場の場合その分の利益はカウントされていませんが、リピートイフダンは
値動きしか関係有りませんので、RSIやMACD等のロジックとは違い、値動きタイミングは無視した分析をしています。

2010年09月18日

EUR/USDの分析予定

介入され中の円はやばいので、関係ない通貨ペアの検証としてEUR/USDを分析予定。
でも、今日は温泉に行くので、真夜中に自動投稿の予約を入れました。

気になる人は、0時以降に見てね。
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-09-18 10:03
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(3) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

AUD/JPY EUR/JPYの相似性って?もう崩れた?

今まで、
AUD/JPY

EUR/JPY
の動きが似ていると云うことで、
・AUD/JPYをヘッジ用の買いで
・EUR/JPYをくるくる用のリピートイフダンしていたが
状況が変わってきたようだ。。。
AUD/JPY
EUR/JPY
同じ時刻で正反対の大きな動き!!
これで、AUDと比べてEURが一段上の値動きに成ってしまった。
原因は、豪中央銀行の政策金利が利上げ予想に反して4.50%でそのままだった事らしい。
(予想では予想4.75%になる予定だったらしい)
これで、欧>豪の図式が更にハッキリしたようです。

うーーーーんどうする?スワップ節約作戦用EUR売りトラップトレード。。。

〜〜〜〜(>_<)  〜〜〜〜〜(-"-)  〜〜〜〜〜(-_-;)  〜〜〜〜(^o^)丿

少し、考えが浮かんだので、今晩検証します。
タグ:FX
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-06 01:00
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(7) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

くるくる売り設定切り替え用に事前調査

上記の通り、現在、くるくるワイド手法で使っている売り側のEURをGBPにしたらどうなるかなぁ〜っての分析です。

今回は、意外と時間がかからない。ちょっとだけ工夫しました。

でも、チャート見てるとGBPは下げ基調
EURは上げ調子。。。AUDも上げ調子なので・・・AUD買いEUR売りのままの方がくるくるワイド理論には合ってるが・・・

どうなる事やら。
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-08 00:00
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(13) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

今までの分析大失敗だったかも・・・

残念なお知らせ:

しょぼいPCで分析しているため、時間短縮のために1時間足の開始値のみで分析しています。
本当は1分足とかティックで分析すれば良いのですが、それでは何百時間もかかります。1時間足でも何十時間もかかります。
ということで今まで分析してきたのですが、「Optimization」=最適化の機能を使って、一定期間での手法における最適値を算出させていました。

分析には、あまりに時間がかかるため更に時間を短縮させるため、「Genetic algorithm」という遺伝的アルゴリズムも使って分析していました。「Genetic algorithm」の内容は統計的なランダムサンプリングです。

これが、イケなかったのか「Optimization」で出てきたロジックを後から個別にシミュレートすると「Optimization」での利益とバックテストの利益が違う場合がありました。

これは、また、確証は取れていないのですが、MT4を使い始めた時の自分なりの検証では、「Optimization」での結果と、個別の詳細な結果の差異は余り大きくは無いですが多少の差異がありました。
誤差程度と思っても良いほどの差異でしたので気にしてませんでしたが、どうやら、売り主体のくるくるワイドの場合では、「Optimization」=最適化と比べ、通常のバックテストの方が利益が少なくなる傾向にあるようです。

特に、【GBP/JPYの最適値】 http://toraripifx.seesaa.net/category/8844074-1.html
の記事について、分析期間である2009/10/11〜の、この期間の初期のポンド円価格は最低値が2010/3/1頃の131.80が最低ですので、バックテストでは売りの逆指値ばかりが約定して行って必ず破産します。(窮鼠様、気を付かせて下ってありがとうございます。)

それから、過去の分析の裏を取るつもりでバックテストを繰り返しました。

どうも、MT4の「Optimization」での最適値ですが、最適化の結果とバックテストの結果が必ず大きく違ってきますね。

          ・・・・打つ手無しです。

今までMT4の詳細な動作までは自分で検証していませんでしたし確認不足でした。。。


それか、検証に使っているEAその物に問題があるのかもしれません!!

と言うことで、分析に使っていたEAを見直しました。

※:ココから長くなります。

実は、今まで分析に使っていたEAは、まだmq4に慣れていなかったので、豊島久道様の書籍にある付録のライブラリーを使っていました。
下記EAソースの赤字の部分が関係してます。

//+------------------------------------------------------------------+
//| RID_Order_RU.mq4 |
//| Copyright ゥ 2010, MetaQuotes Software Corp. |
//| http://forex.toyolab.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright (c) 2010, TORURIPI-R"
#property link "http://sys-trd.com"

// マイライブラリー
#include MyLib.mqh//豊島久道様の書籍にある付録のライブラリー

// マジックナンバー
#define MAGIC 10092000
#define MAGIC_S 10092200
#define COMMENT "RID_TORURIPI-R"
#define COMMENT_S "S RID_TORURIPI-R"

extern double clear = 1;

// 外部パラメータ
extern double Lots = 0.1; // ロット数 0.01=1000通貨
extern double OpenPrice = 131; // 約定価格(スタート価格
extern double PriceDiff = 0.1; // 価格の値幅(スタート価格から刻みアップ
extern int Positions = 4; // 注文の個数
extern double CloseDiff = 200; // 決済の値幅 -0.60なら売り


extern double Lots_S = 0.01; // 売りのロット数 0.01=1000通貨
extern double OpenPrice_S = 130.9; // 約定価格(スタート価格
extern double PriceDiff_S = 0.1; // 価格の値幅(スタート価格から刻みアップ
extern int Positions_S = 50; // 注文の個数
extern double CloseDiff_S = -0.2; // 決済の値幅 -0.60なら売り


int start(){

if(clear == 0){
int total = OrdersTotal();
if(total > 0){
for(int ii = total -1; ii >= 0; ii-- ){
bool selected = OrderSelect(ii, SELECT_BY_POS, MODE_TRADES);
if(selected){
int type = OrderType();
switch(type){
case OP_BUY:
case OP_SELL:
case OP_BUYLIMIT:
case OP_BUYSTOP:
case OP_SELLLIMIT:
case OP_SELLSTOP:
default:
OrderDelete(OrderTicket());
break;
}
OrderPrint();
} }
}
clear = 1;
}
for(int i=0; i < Positions; i++){
// 現在のポジションのチェック
if(MyCurrentOrders(MY_ALLPOS, MAGIC+i) != 0)
continue;

if(CloseDiff > 0){
if(OpenPrice+PriceDiff*i >= Ask){
MyOrderSend(OP_BUYSTOP, Lots, OpenPrice+PriceDiff*i, 0, 0,
OpenPrice+CloseDiff+PriceDiff*i, COMMENT, MAGIC+i);

}
MyOrderSend(OP_BUYLIMIT, Lots, OpenPrice+PriceDiff*i, 0, 0,
OpenPrice+CloseDiff+PriceDiff*i, COMMENT, MAGIC+i);

}
else if(CloseDiff < 0)
{
if(OpenPrice+PriceDiff*i <= Bid){
MyOrderSend(OP_SELLSTOP, Lots, OpenPrice+PriceDiff*i, 0, 0,
OpenPrice+CloseDiff+PriceDiff*i, COMMENT, MAGIC+i);

}
MyOrderSend(OP_SELLLIMIT, Lots, OpenPrice+PriceDiff*i, 0, 0,
OpenPrice+CloseDiff+PriceDiff*i, COMMENT, MAGIC+i);

}
}
for(int i_S=0; i_S < Positions_S; i_S++){
// 現在のポジションのチェック
if(MyCurrentOrders(MY_ALLPOS, MAGIC_S+i_S) != 0) continue;
if(CloseDiff_S > 0){
if(OpenPrice_S+PriceDiff_S*i_S >= Ask){
MyOrderSend(OP_BUYSTOP, Lots_S, OpenPrice_S+PriceDiff_S*i_S,
0, 0, OpenPrice_S+CloseDiff_S+PriceDiff_S*i_S, COMMENT_S, MAGIC_S+i_S);

}
MyOrderSend(OP_BUYLIMIT, Lots_S, OpenPrice_S+PriceDiff_S*i_S,
0, 0, OpenPrice_S+CloseDiff_S+PriceDiff_S*i_S, COMMENT_S, MAGIC_S+i_S);

}
else if(CloseDiff_S < 0)
{
if(OpenPrice_S+PriceDiff_S*i_S <= Bid){
MyOrderSend(OP_SELLSTOP, Lots_S, OpenPrice_S+PriceDiff_S*i_S,
0, 0, OpenPrice_S+CloseDiff_S+PriceDiff_S*i_S, COMMENT_S, MAGIC_S+i_S);

}
MyOrderSend(OP_SELLLIMIT, Lots_S, OpenPrice_S+PriceDiff_S*i_S,
0, 0, OpenPrice_S+CloseDiff_S+PriceDiff_S*i_S, COMMENT_S, MAGIC_S+i_S);

}
}
return(0);
}


ごらんのように大半の部分が見ず知らずの人の手の内にある事が分かります。

私から見ればこの赤字の部分は、云わば「ブラックボックス」でした。

そこで、冬季限定 冬麒麟 を飲みながらやけくそになってEAをイチから作り直しました。

 フル自作くるくるワイド手法検証用EA:RID_Order_RU_Rebuild.ex4(多分安全)
ココまで来ると私的にはブラックボックスは全くありません。

で、早速、間違いの有ったGBP/JPYを再度分析してみました。
当然ですが、時間も無いので少しのデータが出た時点で打ち切りです。
パラメータの条件は、【GBP/JPYの最適値】 http://toraripifx.seesaa.net/category/8844074-1.html と同じです。

この中の
1 年間利益5994.01$ 2871回の決済 10.12 2.09 ドローダウン金額1594.38$ 63.20% OpenPrice=132.4 PriceDiff=0.6 Positions=3 Lots_S=0.01 OpenPrice_S=130.9 PriceDiff_S=0.1 Positions_S=50 CloseDiff_S=-0.2 magic0=11000 clear=1 Lots=0.1 CloseDiff=200
について、バックテストしてみました。
コレです。

結果は、
・年間利益が6004.99$
・2876回の決済
・ドローダウン63.09% (1464.76$)
で、バックテストの詳細な結果の方がわずかにリードしています。
これなら、とっても満足のいく結果です(^o^)丿

と言う事は・・・???
今までの、書籍の付録ライブラリーを使ったEAの結果は全て間違い!?
尊敬する豊島久道様を批判するつもりはありません。自分では使いこなせなかった物と解釈しました。

つまり、自分の知らない事、納得して無い事は信用するなと言う教訓を学びましたよ。トホホ。

今までの、分析を新しいEAで再度やり直す事とします。しかし、全てお手製で作り直したお陰で、分析にかかる時間が大幅に短縮されました。

今までのMT4で36時間と表示されていた分析完了までの時間が、なんと!!8時間だそうです。そう表示されています。コレは嬉しいです、。やけくそに成って作り直した甲斐が有ります。

「フル自作くるくるワイド手法検証用EA」は配布しますので、自分で検証したいお方はどうぞ(^o^)丿
良い結果がでたらブログなどで発表して下さい。是非!!
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-22 00:15
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(11) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

Google ショッピング

昨日から、Googleショッピング http://www.google.co.jp/products なるものが始まっていました。
googleショッピング.jpg

「Googleショッピング に商品を掲載するメリットは、より多くの潜在的な購入者にリーチできることです。また、Google ショッピングは「買いたい商品をすばやく検索」していただけることが大きな利点のひとつなので、購入意欲の高い検索ユーザーにターゲットを絞ることができます。なお、商品の掲載は無料です。」
だそうです。

商品登録は、ウェブマスター向けのGoogleショッピング管理ツール、
Google Merchant Center http://www.google.co.jp/merchants/?hl=ja から登録すれば良いようで、
Google Merchant Center を使ってECサイトで販売されている商品の情報をGoogleに送信すると、Googleショッピングの検索結果に表示されるらしいです。

・詳細は Google Japan ブログの記事
  http://googlejapan.blogspot.com/2010/10/google_869.html

・Google Merchant ヘルプ
  http://www.google.com/support/merchants/?hl=ja

・ウェブマスター向けの ブログ
  http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2010/10/google-merchant-center.html

早速、自社の商品を検索したら驚くほど出てきました!!
値段比較も簡単だし、これは最強の衝動買いツールか!?

ちなみに「mt4 ea」のキーワードで検索したら、商品数は2件でした。
セミナーのDVDと、既に削除されたMT4のEAのデコンパイラソフトです。

EAのデコンパイラソフト!?って、そんなの販売しちゃダメでしょ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
私の、RSI_Sandwich5.ex4とかの中身が分かってしまう・・・

posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-29 10:47
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(3) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

EA作り過ぎで記憶があいまいに成り始めたので再開予定

永らく更新をサボっていたブログです。
寄せられているコメントも、まだ、見てませんが
趣味のEAも作り過ぎてもう何が何だか・・・

一度、整理と覚書を含めて全通貨ペアで通用した手法のみ
公開していこうと思っています。

公開予定は、
・今年初めから2月にかけて作ってきた、既に公開済みの手法の見直し
(1万通貨単位での各通貨ペアでの再検証)

・2月から4月にかけて作ってきた、某有名トレーダーとの合作(ただし、某トレーダーの手法は非公開)
(1万通貨単位での各通貨ペアの検証記録)

・5月から6月に作ってきた、オリジナルのトラップトレード手法。両建てで利益が出るまで待つ手法です。
(1千通貨単位での各通貨ペアの検証記録)
 このトラップ手法は利益率が良いので1千通貨単位でも1万通貨通貨単位並みの利益が出ます。


少し頭の中を整理してから再開しますね。

posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2011-06-22 16:23
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(3) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする