膨大な分析結果。M2Jバンザイ
MT4の三種の神器?を用いて、トルリピ君が各種トレード手法の最適値を占います。
したがって、ロスカットをもたらす危険な情報満載ですので、ご注意してご覧下さい。

記事の分析結果は今後も同じ結果をもたらすことは皆無です。実施したい場合、ご自身で
バックテストを十分に行い再検討してから実施してください、鵜呑みで真似はしないで下さい。
トラップリピートイフダンをFX(外交為替証拠金取引)で使えるのはマネースクエア・ジャパンだけなのですが、
当ブログではMT4で個人所有のPCから都度注文を取引会社サーバに出して、特許を侵害せず真似しています。
MT4で使っているFX会社はポジションが建つと証拠金が発生します。M2Jはトラップリピートイフダンを設定した時に
証拠金が発生するので、結果を真似したい場合は証拠金額を売り予約ポジションの差額分だけ余分に用意して下さい。

しょぼいPCで分析しているため、時間短縮のために大きな足の開始値のみで分析しています。本当は1分足とか
ティックで分析すれば良いのですが、それでは何百時間もかかります。1時間足でも何十時間もかかります。
ですので、1時間内に激しく上下する相場の場合その分の利益はカウントされていませんが、リピートイフダンは
値動きしか関係有りませんので、RSIやMACD等のロジックとは違い、値動きタイミングは無視した分析をしています。

2010年09月14日

EUR/JPY売りの最適値(9/14間違い訂正)

ヤッパリ、現在設定してる通貨ペアの最適値も見たくなったので、分析してみました。

過去1年とかの期間じゃないと何となく儲けのイメージが掴みにくいと思いますので、
2009年9月13日〜2010年9月13日の間でシミュレートしまくってみました。
9/14訂正 ↑ ↑ ↑ ↑ 後からデータを見直してみたら2009/11/30からの4本足データでした。
9/14訂正 ↑ ↑ ↑ ↑ ですので、以後の年間とか1年間の表記は約10ヵ月半って事に成ります。

EUR/JPY売りの最適値ですので、価格範囲は135円〜105円で、全弾命中後もドローダウンに
絶えうるように総ポジション数は15件までに抑える方式です。

膨大な分析結果

結果:上記のグラフをクリックして頂ければ分かるのですが、
この条件下での最大利益は13878.04$でした。

読み方は、結果のPass上にマウスを置くと、ロジックが表示されます。

 一番上の結果で説明すると、 Lots=0.1; ロット数で1万通貨という意味です。
 OpenPrice=111; 売り仕掛けの開始値です。
 PriceDiff=1.1; 仕掛けの刻み幅です。OpenPriceに1.1円ずつプラスしていきます。
 Positions=15; 掴んでしまう最大ポジション数です。
 CloseDiff=-1.7; OpenPriceからの利確値です。この場合-1.7円売ったら利確という意味です。

と言っても、全部見るのは骨が折れます。。。

最適値の判断となるかどうか分かりませんが、気になるロジックをいくつかあげてみます。

1:
基準として、一年間の利益最大値が約13800$でしたので、10000$以上の利益でドローダウンの小さいものを選んでみました。
Pass:2274 10545.54 53回決済 198.97 3560.51 33.69%
Lots=0.09 OpenPrice=110 PriceDiff=1.7 Positions=15 CloseDiff=-1.9
という結果が9000通貨単位の設定で、ドローダウン33.69%、年間利益10545.54$を出している事になります。

110円から1.7円刻みで売り上がり、1.9円で利確すると同じ結果が出ていた事になります。
ポジション数も最大で15件で破産まで程遠い瞬間ドローダウンでしたので、安心運用でしたでしょうね。(^_^)

2:
次は、トレード数が多くて好成績のモノを選んでみました。
Pass:1274 11161.04 218回決済 193.73 51.20 4269.37 81.23% Lots=0.09 OpenPrice=107 PriceDiff=0.5 Positions=14 CloseDiff=-0.5
9000通貨単位の設定で、年間利益11161.04$
107円から0.5円刻みで売り上がり、0.5円で利確で、最大ポジション数14件

3:
こんどは、ロット数が8000通貨での好成績モノ
Pass:1955 10441.50 56 0.00 186.46 4639.49 46.04% Lots=0.08 OpenPrice=112 PriceDiff=1.1 Positions=15 CloseDiff=-2
かなり広い範囲で利確も欲張って2円も取るとたくさん儲かるようですね。分析の設定値として2円以上の利確は分析していませんので3円とか4円と欲張ればモット良い成績も有ったかもしれませんね。

4:
ロット数を5000通貨まで落とすとどうなるでしょう。
Pass:344 5685.19 75 0.00 75.80 2588.87 30.72% Lots=0.05 OpenPrice=113 PriceDiff=1 Positions=15 CloseDiff=-1.3
なんと、年間の儲けが5685.19$しか有りません。5000$の資金が1年かかってやっと2倍って事です。トレード回数も75回と少なく面白くなかった事でしょう。。。
って、結構贅沢な悩みですね。

他にも、特記すべき点は色々有りますが、結果の表から自分に最適な組み合わせを選んで、
M2Jなりで設定すると快適なトラップリピートイフダン生活に成るかな!?

MT4でやりたい人は「ピッコロ様」からEA貰って下さい。私の、EAは実験室段階の出来ですので、まだ準備中です。
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-09-14 01:29
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(4) | EUR/JPYの最適値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

くるくるワイド手法(EUR/JPYだけ)小資金、マイナススワップ対策版

相変わらず、ブログ村は抹消中なのでバナーだけですが。。。

「みんなのトレードや口コミから為替を学べるFX投資情報コミュニティ」
http://fx-on.com/ からのお誘いも有ったのでこちらに切り替えようかと思います。

ところで、http://fx-on.com/って、どんな所?初物は弱いので・・・(-_-;)


本文:
今回は、ユーロが下げてきたので・・・と思って分析始めたのですが・・・

価格帯は現在値を基準としたスタートしたかったのですが、、、、もう上がってマスねぇ〜
まあ、開始価格を1円上げても大差ないので。。。

M2Jの口座の場合、一つの通貨での買いと売りの場合どちらか証拠金が多く必要な方の
金額しか必要なくなるので同一通貨での両建てはM2Jユーザには格好の分析結果です。



前回までのくるくるワイド手法の分析見解で:
(魚屋様の「くるくるワイド手法」http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-936.html
20pips刻み20pips利益までの範疇での売り仕掛けが良好でした。
理由は売りの持ち時間が少く、マイナススワップの付く可能性が時間的に低くなるので、
1000$スタート、小心ロット売買の設定で、また、分析しました。

初期値1000$。2009年10月11日〜2010年10月11日
買い側の条件:113円から115円の範囲で、トータルポジション数4以下
買いの刻み間隔は0.1円〜1の範囲
買いロット数は1ポジションに付き0.1=1万通貨(最大4万通貨)
買いのロットは決済せず。評価益が出ようが出まいが持ちっぱなし

売り側の条件:112円から116円の範囲で網を貼り、トータルポジション数100以下
売りの刻み間隔は0.1円〜0.2円の範囲
決済までの間隔は-0.1円〜-0.2円の範囲で、0.1円刻みで測定
売りロット数は0.01〜0.02の範囲

膨大な分析結果
クリックして別ファイルを開いて、結果のPass上にマウスを置くと、ロジックが表示されます。
一番上の結果で説明すると、
OpenPrice=113; 買いの仕掛けの開始値です。
PriceDiff=0.1; 仕掛けの刻み幅です。OpenPriceに0.1円ずつプラスしていきます。
Positions=4; 買いのポジション数です。
Lots_S=0.02; 売りのロット数で2000通貨という意味です。
OpenPrice_S=112; 売りの仕掛けの開始値です。
PriceDiff_S=0.1; 仕掛けの刻み幅です。OpenPrice_Sに0.1円ずつプラスしていきます。
Positions_S=80; 掴んでしまう最大ポジション数です。
CloseDiff_S=-0.2; OpenPrice_Sからの利確値です。この場合20銭売ったら利確という意味です。
clear=1; 内部変数(ロジックには関係ありません)
Lots=0.1; 買いのロット数で1万通貨という意味です。
CloseDiff=200; 買いの利確値(200円なら決済されないだろうと言う考え)


1:最高利益
1095 利益7808.29$ 1660回の決済 13.45 4.70 ドローダウン金額3364.29$ ドローダウン62.50%
OpenPrice=113 PriceDiff=0.1 Positions=4 Lots_S=0.02
OpenPrice_S=112 PriceDiff_S=0.1 Positions_S=80 CloseDiff_S=-0.2 clear=1 Lots=0.1 CloseDiff=200
【読み方は過去記事、コレとかコレを見て下さい。】

相変わらず、売りポジの開始位置が買いポジの価格より低くて買いポジションの含み益が無い
スタート条件でも充分に利益を出す事が出来ます。114円台で検証すれば良かったと反省中・・・

まあ、予想通りの最高利益ですね。


2:最高決済数
306 利益2356.18$ 2078回の決済 10.48 1.13 ドローダウン金額1756.25 ドローダウン59.53%
OpenPrice=113.3 PriceDiff=0.9 Positions=2 Lots_S=0.01
OpenPrice_S=112 PriceDiff_S=0.1 Positions_S=80 CloseDiff_S=-0.1 clear=1 Lots=0.1 CloseDiff=200
まあ、ポン様4700回台と比べると・・・ですがかなりの数で、毎日10回


3:いつものように利益が多くてドローダウンの小さいモノ
1279 利益7071.06$ 1558回の利益 13.30 4.54 ドローダウン金額2455.02 ドローダウン77.35%
OpenPrice=113.4 PriceDiff=0.2 Positions=3 Lots_S=0.02
OpenPrice_S=112.1 PriceDiff_S=0.1 Positions_S=80 CloseDiff_S=-0.2 clear=1 Lots=0.1 CloseDiff=200
ドローダウン金額も、率も多すぎ!!せめて下の結果のようなものじゃないと安心して設定できません!!

4:あんしん設定
1125 利益4904.37$ 1182回の決済 8.25 4.15 ドローダウン金額1547.02$ ドローダウン63.60% OpenPrice=114.5 PriceDiff=0.1 Positions=2 Lots_S=0.02 OpenPrice_S=112 PriceDiff_S=0.1 Positions_S=70 CloseDiff_S=-0.2 clear=1 Lots=0.1 CloseDiff=200
直ぐに入金補填できるレベルですが、儲けが少ないですねぇ・・・
コレは、お勧めが無い!!困った!!

5:私が気に入ったもの
1419 利益6860.72$ 1489回の利益 11.94 4.61 ドローダウン金額2414.21 ドローダウン率83.02%
OpenPrice=113 PriceDiff=0.1 Positions=3 Lots_S=0.02
OpenPrice_S=112 PriceDiff_S=0.1 Positions_S=80 CloseDiff_S=-0.2 clear=1 Lots=0.1 CloseDiff=200
ドローダウン金額も多く率に関してはもう破産間違い無しの領域です。これなら、3:の方が良いって?その通り!!

と言うことで3:のロジックがお勧め決定ですね。

OpenPrice=113.4 PriceDiff=0.2 Positions=3
買いのポジションを113.40円から20銭刻みで3本保有します。113.4 113.60 113.80 コレより低い値程申し分ないです。ロットは1万通貨ずつ。

OpenPrice_S=112.1 PriceDiff_S=0.1 Positions_S=80
売りのリピートイフダンを112.10円から10銭刻みで80本セットします。コレより高い位置ならなお良いです。ロット数は2000通貨ずつ。決済までの値幅は20銭です。


20銭での強制利確決済してますが、資金利用率は1.5倍くらいに成ると思いますが、利確までの幅は1円ほど有ったほうが利益を出す効率は良いですよ。(注意:悪魔の囁きです。)
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-14 00:00
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(14) | EUR/JPYの最適値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする