膨大な分析結果。M2Jバンザイ
MT4の三種の神器?を用いて、トルリピ君が各種トレード手法の最適値を占います。
したがって、ロスカットをもたらす危険な情報満載ですので、ご注意してご覧下さい。

記事の分析結果は今後も同じ結果をもたらすことは皆無です。実施したい場合、ご自身で
バックテストを十分に行い再検討してから実施してください、鵜呑みで真似はしないで下さい。
トラップリピートイフダンをFX(外交為替証拠金取引)で使えるのはマネースクエア・ジャパンだけなのですが、
当ブログではMT4で個人所有のPCから都度注文を取引会社サーバに出して、特許を侵害せず真似しています。
MT4で使っているFX会社はポジションが建つと証拠金が発生します。M2Jはトラップリピートイフダンを設定した時に
証拠金が発生するので、結果を真似したい場合は証拠金額を売り予約ポジションの差額分だけ余分に用意して下さい。

しょぼいPCで分析しているため、時間短縮のために大きな足の開始値のみで分析しています。本当は1分足とか
ティックで分析すれば良いのですが、それでは何百時間もかかります。1時間足でも何十時間もかかります。
ですので、1時間内に激しく上下する相場の場合その分の利益はカウントされていませんが、リピートイフダンは
値動きしか関係有りませんので、RSIやMACD等のロジックとは違い、値動きタイミングは無視した分析をしています。

2010年09月30日

気になる手法。くるくるワイド(重要)

【しつこく検証中】

今回については、魚屋様の有名な「くるくるワイド手法」の
http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-936.html
別通貨ペアでの売りと買いの検証です。

(分析失敗したデータを使っていますが、ロスカットに対応する重要な考え方なので・・・)

「くるくるワイド手法」は、豪ドル/円でチョット多めに買い建てしておいて、その枚数分までユーロ/円を売りでリピートイフダンする発想が現在形と思います。

プラススワップが大きい豪ドル/円と相関性のある、小さいマイナススワップのユーロ/円で反対売買リピートイフダンする手法です。

前回までの失敗した分析値を使って、実際に豪ドル買いユーロ売りで「くるくるワイド手法」を実行した場合どのように成っていたかを検証しました。

【本文】
分析結果に目のくらんだ私は最高利益を出したロジックを実行したく成りました。
・売りのリピートイフダンに使ったEUR/JPYでの一番の高利益は 利益58313.72$ 利益率1000%以上です。
・買いの側は、同じ通貨どうしてくるくるワイドしたAUD/JPYの買いの、合計15万通貨の平均81円です。
より、厳しい条件下での検証とするため、売りの側はロスカット危険度の高いロジックを選び。買いの側は選別した中でもより高い位置で買いポジを掴んでしまったシチュエーションを想定しました。

1.最大の検証ポイントであるドローダウンについて検証。

ポイントとしては最も危険な個所は上記の通りですので、その個所について詳細な売買記録を調べます。

2.再度ロジックについて細かく売買シミュレートさせます。

あー!!前回の分析でガッカリした、小さなマイナススワップで節約したにもかかわらず儲けの少なかった「EUR/JPYの売りリピートイフダン」
儲けが少ない原因が、、、上記の下向きの赤い矢印を見て下さい。2009/09/23に予約したポジション
なんと!!約定してるのは2010/05/07 04:00です。半年以上も取引無し!!
これでは、豪ドルだけのくるくるワイドと比べて儲けが少ない訳です!!

納得!! ココで検証は失敗か!?とは成らずに、条件的に更に厳しくなったので、
検証条件が更に厳しく良くなったという事で検証を続けます。

3.2010/05/07にEUR売りの約定が連発した訳ですが、その建て玉の最大の危機(暴騰)が05/10に有りました。
その部分をクローズアップし、取り越していたポジションとその証拠金についてエクセルしました。


黄色の枠内が最大危機時のマイナスですが・・・「あれ?何で元金以上にマイナス?」
こういった勘違いをしないように、MTでシミュレートしているのですが、、、?
こんな、途中で破産しているようなロジックを出す分析プログラムでは意味が有りません(-"-)

   固まりながら考え直しました。。。
   良く考えると、シミュレートでは同一通貨で両建てしてヘッジしています。
   証拠金は売りと買い多い方が適用されます。

  「なんだ(^o^)丿。買いの証拠金を相殺すればよいのか!!」

って事で黄色い枠の横にも証拠金の合計があります。

つまり、同一通貨での両建てなら(両建てとはそういう意味だが・・・)証拠金の相殺の分
少ない資金でポジション数だけなら多く持つことが出来ます。

豪ドル買いユーロ売り「くるくるワイド手法」の場合、余分に証拠金が必要で当り前ですね。安心しました。

【結論】
資金の少ないうちは同一通貨でギリギリまで両建てして取引が良さそう。ただし予想レンジを突破した場合は、レンジ内に戻るまで何もできず・・・じり貧状態でしょう。

マイナススワップの少ない通貨ペアとの連携戦略は、十分な資金で予想レンジを突破しまくっても大丈夫な資金に成ってからの上級者向け。って事でしょうか。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
お勧め記事:裁量トレードが下手でも勝てる手法かも! その6 (WIN様のページ)最終回
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-09-30 00:00
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(0) | くるくるワイド手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

トラリピ救世主。魚屋様のくるくるワイド手法まとめ

ブログのコメント欄に書き込んだ通り、魚屋様のブログを最初から読んで見ました。

いやーー勉強になりました。し、今までFXでトレードしていて核心が持てなかった部分が
魚屋様と同意見だったことも確認できました。

例えば、
記事タイトル:問題は有りませんが違いは有ります。 http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-927.html
この記事には主に証拠金について買いと売りでの両建て時に必要な資金について書かれています。
要は、小資金でくるくるワイドを行ないたい場合は、同一通貨でトレードして証拠金は買いか売りかのどちらか多く証拠金が必要という特典を利用することと、
それでは、大きな利益は望めないので、スワップを考慮して別通貨でスワップの大きい通貨と、マイナススワップの小さい通貨で、相関性の有る物を組み合わせよといった部分が重要ですって事。

記事タイトル:トラリピブロガーの多くは負け組みです。 http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-953.html
この記事では、トラップリピートだけではもしかして・・・?と思っていた、過去にも実トレードで引っかかった破滅への道を確認できました。
単純な買いだけのトラップリピートやスワップ狙いだけでは、リーマンショックやギリシャ危機などの暴落でロスカット多発しますねって事。
私が当時目指していた投資家様の「トラップ派のFX投資術〜黄金の罠を仕掛ける男」http://richorhomeless.cocolog-nifty.com/も同様な理由で・・・だったのかもしれませんね。久しぶりに検索して見て見たら行進が止まっていました。(行進→更新のま間違いです。笑)

と、ココまで確認した後で、くるくるワイド手法の重要な事項を幾つか発見しましたので、自分の確認用にもココにメモします。

そもそものくるくるワイド手法とは、
http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-936.html
http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-941.html
に詳しく書かれているのですが、運用していく上での重要な事項を、私は知らずに運用していましたしたし、オリジナルで検証用のEAまで作っていました。

重要事項としては、
記事タイトル:実際の話、トラップは無限に張れるでしょう。 http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-954.html
運用していくと増えてくるマイナススワップを生む嫌な売りポジション。その調整方法と、年末における税金の調整方法です。

記事タイトル:何故下攻めを行なえるのか? http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-958.html
この記事を見て、くるくるワイドの最適値を分析した時に多く現れる最適値。
つまり、買いのポジションより、売りの開始ポジションの方が低い価格より始まり、買いのポジションによるプラス差益の温床が無いパターンの方が多くの利益を出す結果となっている部分の謎が解けました。
つまり、手法開始時より未来のくるくるワイド形態、「第三形態」であったという事。
その先の最終形態とかも書いてあります。思いっきり下げても対策は十分にあるという所が肝です。
ただし、上昇に対する負けのリスクは残ってはいるとの事ですが、あまりの暴騰(例えば東京大地震など)の時には、全決済しちゃえばリスク回避できると思っています。

以上の点が魚屋様のブログを見て改めて気が付いた最重要ともいえる重要なポイントでした。

魚屋様ありがとうございます。

その他EA化すると面白いなぁって思ったのが、
記事タイトル:取引の仕方って知っています? http://0141swap.blog45.fc2.com/blog-entry-978.html
の内容です。
どんな、内容かの要約はしませんので、気になる方はURLをクリックしてじっくりとご覧下さい。

追伸:
米ドルでの分析は、思ったような結果が出なかったので、見直して再分析中です。。。
要はまた分析失敗してたって事です。会社だったらクビ成ってるな・・・(汗)
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-16 23:52
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(8) | くるくるワイド手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする