膨大な分析結果。M2Jバンザイ
MT4の三種の神器?を用いて、トルリピ君が各種トレード手法の最適値を占います。
したがって、ロスカットをもたらす危険な情報満載ですので、ご注意してご覧下さい。

記事の分析結果は今後も同じ結果をもたらすことは皆無です。実施したい場合、ご自身で
バックテストを十分に行い再検討してから実施してください、鵜呑みで真似はしないで下さい。
トラップリピートイフダンをFX(外交為替証拠金取引)で使えるのはマネースクエア・ジャパンだけなのですが、
当ブログではMT4で個人所有のPCから都度注文を取引会社サーバに出して、特許を侵害せず真似しています。
MT4で使っているFX会社はポジションが建つと証拠金が発生します。M2Jはトラップリピートイフダンを設定した時に
証拠金が発生するので、結果を真似したい場合は証拠金額を売り予約ポジションの差額分だけ余分に用意して下さい。

しょぼいPCで分析しているため、時間短縮のために大きな足の開始値のみで分析しています。本当は1分足とか
ティックで分析すれば良いのですが、それでは何百時間もかかります。1時間足でも何十時間もかかります。
ですので、1時間内に激しく上下する相場の場合その分の利益はカウントされていませんが、リピートイフダンは
値動きしか関係有りませんので、RSIやMACD等のロジックとは違い、値動きタイミングは無視した分析をしています。

2010年10月19日

MT4でEAからの注文があり過ぎて、、、リセットしたくなった。

MT4で、指値・逆指値を多用する予約系のEAを開発していると、口座の注文リストが一杯に成って何が何だか分からない混雑ぶりになったりします。
「あ〜あ。」と思いながら、一つずつ削除していきのですが、めんどくさい。

稼働中のEAには、自分で生成した予約注文の削除機能は内蔵してあるのですが、
無条件に全ての通貨ペアも含めての予約注文を削除してリセットしたい時もあります。

その時が来ましたので作りました。

 未約定ポジションを全削除するEA:Delete_Order_R.ex4(さわるな危険!!)

使い方は、EAを動かしていないチャートなら何でも良いので、Delete_Order_R.ex4をドロップダウンしてもらって、下記のウインドウ(画面が違う場合はタグ注意)上で「clear」の値を1→0に変更してもらうと予約注文の削除をスタートします。

安全の為、Delete_Order_R.ex4をドロップダウンするだけでは動作しないようにしてあります。

中身はこんな感じですが、開発者以外に必要のある人がいるのか???

//+------------------------------------------------------------------+
//| Delete_Order_R.mq4 |
//| Copyright ゥ 2010, MetaQuotes Software Corp. |
//| http://forex.toyolab.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright (c) 2010, TORURIPI-R"
#property link "http://sys-trd.com"

extern int clear = 1;

int start(){
if(clear == 0){
int total = OrdersTotal();
if(total > 0){
for(int ii = total -1; ii >= 0; ii-- ){
bool selected = OrderSelect(ii, SELECT_BY_POS, MODE_TRADES);
if(selected){
int type = OrderType();
switch(type){
case OP_BUY:
case OP_SELL:
case OP_BUYLIMIT:
case OP_BUYSTOP:
case OP_SELLLIMIT:
case OP_SELLSTOP:
default:
OrderDelete(OrderTicket());
break;
}//switch(type)
OrderPrint();
}//if(selected)
}//for(int ii = total -1; ii >= 0; ii-- )
}//if(total > 0)
clear = 1;
}//if(clear == 0)
return(0);
}//int start()
return(0);
}
タグ:MT4 FX EA
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-19 10:37
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(3) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

フィボナッチリトレースメントでは儲からなかった・・・

EAの掲載でも喜ぶ人もいたので、嬉しさの余り・・・

FXをやってるとちょくちょく聞く「フィボナッチリトレースメント」のEAです。

予約注文の削除機能付きのEAですので、他のEAと同時に動かせますが、デモで動作確認して使ってね。
注意:パラメータはAUD/NZDの1時間足に合わせていますが、儲かりません・・・

 フィボナッチリトレースメントEA:Fibonacci_AUD_NZD.ex4(さわるな危険!!)


過去のチャートの最高値/最低値の間を100%として、その、
38.2%
50%
61.8%
を基準として売買させるようにしたのですが、裁量トレードでは役に立つ手法もEA化してみると意外と儲からないヤツです。

下記の4通りの売買をしますが、テスト用に作っただけですので注文の発注に関してのエラー処理が未熟です。

・買いトレード1、50%超えている時に、38.2%で指値建玉。50%決済
・買いトレード2、38.2%未満の時に、38.2%で逆指値建玉。50%決済
・売りトレード1、38.2%超えている時に、61.8%で逆指値建玉。50%決済
・売りトレード2、50%超えている時に、50%で逆指値建玉。38.2%決済
【低値を0% 高値を100%に固定して説明】

使い方は、EAを動かしていないチャートなら何でも良いので、Fibonacci_AUD_NZD.ex4をドロップダウンしてもらえば良いのですが、パラメータの変数の説明は下記の中身を見て下さい。

//+------------------------------------------------------------------+
//| Fibonacci_EA.mq4 |
//| Copyright ゥ 2010, MetaQuotes Software Corp. |
//| http://forex.toyolab.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright (c) 2010, TORURIPI-R"
#property link "http://sys-trd.com"

//マジックナンバー A=10 n=14 +24
extern int magic0 = 24000;//同じ通貨ペアで複数動かすときに値を変えてください
#define MAGIC1 10100100
#define MAGIC2 10100200
#define MAGIC3 10100300
#define MAGIC4 10100400
#define COMMENT1 "Fibo_BUY_LIMIT_TORURIPI-R"
#define COMMENT2 "Fibo_BUY_STOP_TORURIPI-R"
#define COMMENT3 "Fibo_SELL_STOP_TORURIPI-R"
#define COMMENT4 "Fibo_SELL_50STOP_TORURIPI-R"

//パラメーター
extern double Lots = 0.1;//売買ロット0.1=1万通貨
extern int lookback = 158;//HI.LOWを決める足の数長いほど過去重視
extern double loss1=0.05;//買いトレード1のポジションの損切り値調整用
extern double loss2=0.028;//買いトレード2のポジションの損切り値調整用
extern double loss3=0.05;//売りトレード1のポジションの損切り値調整用
extern double loss4=0.005;//売りトレード2のポジションの損切り値調整用
extern int keeptime=21600;//6時間で一旦注文をリセット
extern double loss0=0.0005;//買いトレード2の買値調整
//1.29123

extern color FibColor= Gray;
extern int lastbar = 5;
extern int Slippage = 0;
double loweststock;
double higheststock;

//+------------------------------------------------------------------+
//| 予約を削除する |
//+------------------------------------------------------------------+
void DeletePositions(){
for(int i=0; i < OrdersTotal(); i++){
if(OrderSelect(i,SELECT_BY_POS,MODE_TRADES)==true){
if(OrderMagicNumber() == MAGIC1+magic0 && OrderSymbol() != Symbol()){
OrderDelete(OrderTicket());
}
if(OrderMagicNumber() == MAGIC2+magic0 && OrderSymbol() != Symbol()){
OrderDelete(OrderTicket());
}
if(OrderMagicNumber() == MAGIC3+magic0 && OrderSymbol() != Symbol()){
OrderDelete(OrderTicket());
}
if(OrderMagicNumber() == MAGIC4+magic0 && OrderSymbol() == Symbol()){
OrderDelete(OrderTicket());
//Alert(OrderTicket());
}
}//if(OrderSelect(i,SELECT_BY_TICKET,MODE_TRADES)

}//for(int i=0; i < OrdersTotal(); i++)
}//sub end



// 現在のポジションのロット数(+:買い −:売り)
double R_CurrentOrders(int magic){
double lots = 0.0;

for(int i=0; i < OrdersTotal(); i++){
if(OrderSelect(i, SELECT_BY_POS) == false) break;
if(OrderSymbol() != Symbol() || OrderMagicNumber() != magic) continue;

if(OrderType() == OP_BUY || OrderType() == OP_BUYLIMIT ||
OrderType() == OP_BUYSTOP) lots += OrderLots();
if(OrderType() == OP_SELL || OrderType() == OP_SELLLIMIT ||
OrderType() == OP_SELLSTOP) lots -= OrderLots();

if(lots != 0) break;
}//for(int i=0; i < OrdersTotal(); i++)
return(lots);
}


//+------------------------------------------------------------------+
//| スタート関数 |
//+------------------------------------------------------------------+
int start()
{
ObjectDelete("Fibo");
int counted_bars=IndicatorCounted();
//----
double lowest=1000,highest=0;
datetime T1,T2;
for(int i=lookback+lastbar;i > lastbar+1;i--){
double curLow0=iLow(Symbol(),Period(),i-2);
double curLow1=iLow(Symbol(),Period(),i+1);
double curLow2=iLow(Symbol(),Period(),i);
double curLow3=iLow(Symbol(),Period(),i-1);
double curLow4=iLow(Symbol(),Period(),i-2);

double curHigh0=iHigh(Symbol(),Period(),i+2);
double curHigh1=iHigh(Symbol(),Period(),i+1);
double curHigh2=iHigh(Symbol(),Period(),i);
double curHigh3=iHigh(Symbol(),Period(),i-1);
double curHigh4=iHigh(Symbol(),Period(),i-2);

if(curLow2 <= curLow1 && curLow2 <= curLow1 && curLow2 <= curLow0 ){
if(lowest > curLow2){
lowest=curLow2;
T2=iTime(Symbol(),Period(),i);
}
}//if(curLow2

if(curHigh2 >= curHigh1 && curHigh2 >= curHigh3&& curHigh2 >= curHigh4){
if(highest < curHigh2){
highest=curHigh2;
T1=iTime(Symbol(),Period(),i);
}
}//if(curHigh2

}//for(int i=lookback+lastbar;i > lastbar+1;i--)

if(lowest != loweststock && highest != higheststock){
loweststock=lowest;
higheststock=highest;
DeletePositions();//未約定ポジションの削除
}//if(lowest != loweststock && highest != higheststock)


if(T1 < T2)
{ObjectCreate("Fibo", OBJ_FIBO, 0, T1, highest,T2,lowest);}
else{
ObjectCreate("Fibo", OBJ_FIBO, 0, T2, lowest, T1,highest);
}
string fiboobjname = "Fibo";
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIBOLEVELS, 11);
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL, 0.0);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,0,"Low %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+1, 0.236);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,1,"23.6 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+2, 0.382);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,2,"38.2 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+3, 0.50);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,3,"50.0 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+4, 0.618);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,4,"61.8 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+5, 0.764);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,5,"76.4 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+6, 1.000);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,6,"High %$");


ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+7, -0.236);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,7,"123.6 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+8, -0.382);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,8,"138.2 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+9, -0.50);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,9,"150.0 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+10, -0.618);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,10,"161.8 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+11, 2.000);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,11,"200.0 %$");
ObjectSet(fiboobjname, OBJPROP_FIRSTLEVEL+12, 2.618);
ObjectSetFiboDescription(fiboobjname,12,"261.8 %$");
ObjectSet( "Fibo", OBJPROP_LEVELCOLOR, FibColor) ;
ObjectsRedraw();



//バーの始値でトレード可能かチェック
if(Volume[0] > 1 || IsTradeAllowed()==false) return(0);


double fibo1;//23.6
double fibo2;//38.2
double fibo3;//50
double fibo4;//61.8
double fibo5;//76.4
//Low
fibo1=(highest-lowest)*0.236+lowest;
fibo2=(highest-lowest)*0.382+lowest;
fibo3=(highest-lowest)*0.5+lowest;
fibo4=(highest-lowest)*0.618+lowest;
fibo5=(highest-lowest)*0.764+lowest;
//HI


if((highest - lowest) > 0){

int ttt=TimeCurrent()+keeptime;
string tt=TimeToStr(ttt,TIME_DATE|TIME_SECONDS);//予約有効期限
int buy1=0;
int buy2=0;
int sell1=0;
int sell2=0;

//買いシグナル1;
if(highest > Ask && Ask > fibo2){
buy1=1; }
//買いシグナル2
if(fibo2 > Ask && Ask > lowest){
buy2=1; }
//売りシグナル1
if(highest > Bid && Bid > fibo4){
sell1=1; }
//売りシグナル2
if(highest > Bid && Bid > fibo3){
sell2=1; }

Comment("sarvertime:",TimeToStr(TimeCurrent(),TIME_DATE|TIME_SECONDS),
"\n",buy1,"\n",buy2,"\n",sell1,"\n",sell2);


//買いシグナル1;
if(buy1==1 && R_CurrentOrders(MAGIC1+magic0) == 0){
OrderSend(Symbol(),OP_BUYLIMIT,Lots,fibo2,Slippage,fibo1
-loss1,fibo3,COMMENT1,MAGIC1+magic0,ttt,Blue);
}

//買いシグナル2
if(buy2==1 && R_CurrentOrders(MAGIC2+magic0) == 0){
OrderSend(Symbol(),OP_BUYSTOP,Lots,fibo2+loss0,Slippage,fibo1
-loss2,fibo3,COMMENT2,MAGIC2+magic0,ttt,Green);
}

//売りシグナル1
if(sell1==1 && R_CurrentOrders(MAGIC3+magic0) == 0){
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP,Lots,fibo4,Slippage,fibo5+loss3,fibo3,
COMMENT3,MAGIC3+magic0,ttt,Red);
}
//売りシグナル2
if(sell2==1 && R_CurrentOrders(MAGIC4+magic0) == 0){
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP,Lots,fibo3,Slippage,fibo4+loss4,fibo2,
COMMENT4,MAGIC4+magic0,ttt,Orange);
}
}//if(highest-lowest) > Bid / fibomin)




return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+


改造して、儲かるようにしてくださる人が居ると嬉しい。。。(居るわけ無いか・・・)
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-10-21 02:57
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(8) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

EAのセット方法(MT4)

WIN様からのリクエストも有ったので、MT4におけるEAのセット方法を少し。

まず、私の記事でこんな記述が有ったとします。


 MA_USD_JPY_5m_4h.ex4( 当然ながら動作保障はしません。 )

チャート条件:
USD/JPY
5分足
 他の通貨ペアや時間足でもOKですのでバックテストして最適なものを探して下さい
 今回は実戦でもお楽しみ出来るようにして置きました。ダウンロードして遊んで下さい。

パラメータ説明:
extern int MA1 = 30 ; //短期移動平均の期間
extern int MA2 = 244 ; //長期移動平均の期間
extern double LotsB = 0.01; //売買ロット数
extern double lossB = 1.0; //損切り
extern double LotsS = 0.01; //売買ロット数
extern double lossS = 1.0; //損切り
extern int Slippage = 30; //スリッページ
extern double TrailingStop = 670;//670=67銭 トレーリングストップpips
(上記2つのパラメータは通常口座では3、67と成ります。)
extern double MAX_position = 210;//最大保持ポジション数



 MA_USD_JPY_5m_4h.ex4(当然ながら動作保障はしません。)
 ↑EA名の部分をクリックしてex4ファイルを↓ココにダウンロードします。
 【C:\Program Files\MetaTrader 4 at FOREX.com\experts】
EAの格納場所.jpg
 ↑ダウンロード先フォルダ場所のイメージ。(通常はCドライブです。)


 ↓「チャート条件」USD/JPY 5分足 のチャートを表示させます。
 ↓そのチャート上にEAをドロップダウンします。(マウスクリックしたまま移動させチャートの上でクリックを放します)
EAの説明1.jpg

 ↓EAをドロップダウンした瞬間以下のウインドウが開きますので「パラメータ説明」に従って設定します。
EAの説明2.jpg

通常、ココまでの作業で、EAは動きますが、初めて使う場合やEAの動作を抑制していた場合は、
MT4の以下の設定を見直して下さい。

 ↓MT4メニューの「ツール」→「オプション」を選択します。
EAの説明3.jpg

 ↓開いたウインドウのダイダイ色の部分をチェックして「OK」ボタンを押せば、EAが稼働し始めます。
EAの説明4.jpg


以上、EAセットの簡単説明でした。

タグ:EA FX MT4
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-11-16 12:02
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(4) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

EAでの注文方法の書き方

メールで質問が有ったので、ちょっとEAでの注文の出し方について一言。

例えば、USDの現在価格が83.50だとして、50銭置きに複数の注文を出したい時が
有るとします。
 85.50 買い
 85.00 買い
 84.50 買い
 84.00 買い
83.50(中心価格)
 83.00 売り
 82.50 売り
 82.00 売り
 81.50 売り

このような注文を一発で出来るEAを作れ、とのメール内容でした。
作って、あげるとその人が勉強しないのでコレは幸いと思いましたが、
可哀想なので作り方を書きます。


OrderSend(Symbol(),OP_BUYSTOP, ロット数, 85.50, 0, 0, 0, "", MAGIC);
OrderSend(Symbol(),OP_BUYSTOP, ロット数, 85.00, 0, 0, 0, "", MAGIC);
OrderSend(Symbol(),OP_BUYSTOP, ロット数, 84.50, 0, 0, 0, "", MAGIC);
OrderSend(Symbol(),OP_BUYSTOP, ロット数, 84.00, 0, 0, 0, "", MAGIC);
 
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP, ロット数, 83.00, 0, 0, 0, "", MAGIC);
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP, ロット数, 82.50, 0, 0, 0, "", MAGIC);
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP, ロット数, 82.00, 0, 0, 0, "", MAGIC);
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP, ロット数, 81.50, 0, 0, 0, "", MAGIC);
 



単純には上記のように注文を並べたモノをscriptにすれば良いわけですが、
コレでは、83.50の上下50銭未満でしか完全に注文が入りませんので、
ひと工夫します。

まず、連続した注文のベタ書きをループ化します。


double OrderPrice = 83.50; // 注文開始価格
double Diff = 0.5; // 価格の値幅50銭
 
for(int i=0; i < 4; i++){
OrderSend(Symbol(),OP_BUYSTOP, ロット数, OrderPrice+Diff*i, 0, 0, 0, "", MAGIC);
}
 
for( i=0; i < 4; i++){
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP, ロット数, OrderPrice-Diff*i, 0, 0, 0, "", MAGIC);
}
 



でも、コレではとっさに83.50と入力してscriptをドロップダウンするのは難しいので、
  double OrderPrice = 83.50; // 注文開始価格
の部分をひと工夫します。


double orderPrice = (Ask - Bid)/2 + Bid; // 注文開始価格
(AskとBidの中間値を中心価格とします。)
double diff = 0.5; // 価格の値幅50銭
double lots = 0.1; // ロット数
double position = 4; // 注文するポジション数(この場合買いが4、売りが4注文)
 
for(int i=0; i < position; i++){
OrderSend(Symbol(),OP_BUYSTOP, lots, orderPrice+diff*i, 0, 0, 0, "", MAGIC);
}
 
for( i=0; i < position; i++){
OrderSend(Symbol(),OP_SELLSTOP, lots, orderPrice-diff*i, 0, 0, 0, "", MAGIC);
}
 

(ついでに、予約ポジション数も変更できるようにしました。)

これなら、価格が変動しても通貨ペアが変わっても足が違っても急な変動時にも
現在価格を中心として上下に予約注文を出せます。

現在価格より上が売り、下が買いにしたい場合は、
OP_BUYSTOP → OP_SELLLIMIT
OP_SELLSTOP → OP_BUYLIMIT
に変更します。

2種類スクリプトを作って置くと良いでしょう。



タグ:MT4 EA
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2010-11-26 09:19
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(33) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

週初めの窓開け。

週末の終わり値から休みを挟んで週初めでローソク足の間が大きく開く窓開けって現象があります。

朝に弱いので作りました。休みの日に始動して月曜の朝を待ちます。


窓開けの幅も指定できるし、時間帯指定も出来るのでそのままでも良いのですが、
決済が終わったら、安全のためEAを停止して使っています。


EAソース→ OpenWeek_Diff.mq4( 当然ながら動作保障はしません。 )


//+------------------------------------------------------------------+
//| OpenWeek_Diff.mq4 |
//| Copyright ゥ 2010, MetaQuotes Software Corp. |
//| http://forex.toyolab.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright (c) 2010, TORURIPI-R"
#property link "http://sys-trd.com"

// マジックナンバー
#define MAGIC 01242011
#define COMMENT "OpenWeek_Diff"

//パラメーター
extern int lot_SW = 1;//【1=ON 0=OFF】EAの動作スイッチ
extern int Time_SW = 0;//【1=ON 0=OFF】時間帯指定スイッチ
int MAGIC0 = 1000;

extern double Default_Price = 300000;//$=3000 円=300000基本資金
extern double UP_point = 0;//4.5+Lot0.1 基本資金の増加分を増やす
 ↑($でも円でも同じ値でOK)
//基本資金を10万円ほど低くしてUPポイントは4くらいが良い
extern double Lots = 0.1; //売買ロット数 UP1+Lot0.45とかが良い
//ロット数は基本0.1で設計。
//値を増やすと価格上昇に対するロット増加率カーブが乗数的に上昇
//値を減らせば価格上昇に対してのロット増加が少なくなります。
//計算式INT(((余剰資金/Default_Price-1)*UP_point)*100*Lots)*0.01=追加ロット数

// 外部パラメータ
extern double WEEK_Diff = 10;//売買判定の最低値幅pips

extern double profitB=5;//買い利確値のマイナスpips
extern double profitS=5;//売り利確値のマイナスpips

extern double lossLimitB = 5;//買値上損切りの儲けpips
extern double lossLimitdiffB = 10;//買値上損切り幅pips
extern double lossLimitS = 5;//売値下損切りの儲けpips
extern double lossLimitdiffS = 10;//売値下損切り幅pips

extern int Slippage = 3;// スリッページ(通常口座は3)

//補助利確用
extern double TrailingStopB = 25;//トレーリングpips
extern double TrailingStopS = 25;//トレーリングpips


extern string StartTime = "5:00"; //0:30 開始時刻+9
extern string EndTime = "8:00"; //6:30 終了時刻

string mm="00";


// スタート関数
int start()
{

//朝だけ設定
if(Time_SW > 0){
string sdate = TimeToStr(TimeCurrent(), TIME_DATE);
datetime start_time = StrToTime(sdate+" "+StartTime);
datetime end_time = StrToTime(sdate+" "+EndTime);
if(TimeCurrent() <= start_time || TimeCurrent() >= end_time) return(0);
}



//分の変更時にトレード可能かチェック
string stime=TimeToStr(TimeCurrent(),TIME_DATE|TIME_SECONDS);
stime=StringSubstr(stime, 14, 4);//1=10分 2=1分 4=10秒
if(stime == mm){ return(0);}
mm=stime;
//分の変更時にトレード可能かチェック


int i_B=0;
int i_S=0;
int oo;
for( int i=0; i < OrdersTotal(); i++){
if(OrderSelect(i,SELECT_BY_POS,MODE_TRADES)==true){
if(OrderMagicNumber() == MAGIC+MAGIC0 && OrderSymbol() == Symbol()){
oo=OrderType();
if(oo == OP_BUY ){
i_B += 1;
//トレーリングストップ MathRound(○○○*MathPow(10,Digits))
/MathPow(10,Digits)
if(Bid-OrderOpenPrice() > TrailingStopB*Point && OrderStopLoss()
< Bid-TrailingStopB*Point){
OrderModify(OrderTicket(),OrderOpenPrice(),Bid-Point
*TrailingStopB,OrderTakeProfit(),0,Green);
}else{
if( Bid > OrderOpenPrice()+(lossLimitB+lossLimitdiffB)
*Point && OrderStopLoss() < OrderOpenPrice()+lossLimitB*Point ){
OrderModify(OrderTicket(),OrderOpenPrice(),OrderOpenPrice()
+lossLimitB*Point,OrderTakeProfit(),0,Green);
}}
}//if(oo == OP_BUY)

if(oo == OP_SELL ){
i_S += 1;
//トレーリングストップ
if(OrderOpenPrice()-Ask > TrailingStopS*Point && OrderStopLoss()
> Ask+TrailingStopS*Point){
OrderModify(OrderTicket(),OrderOpenPrice(),Ask+Point
*TrailingStopS,OrderTakeProfit(),0,Orange);
}else{
if( Ask < OrderOpenPrice()-(lossLimitS+lossLimitdiffS)
*Point && OrderStopLoss() > OrderOpenPrice()-lossLimitS*Point ){
OrderModify(OrderTicket(),OrderOpenPrice(),OrderOpenPrice()
-lossLimitS*Point,OrderTakeProfit(),0,Orange);
}}
}//if(oo == OP_SELL)

}//if(OrderMagicNumber() == MAGIC
}//if(OrderSelect(i,SELECT_BY_POS,MODE_TRADES)==true)
}//for(int i=0; i < OrdersTotal(); i++)

double M=MathRound(((AccountFreeMargin()/Default_Price-1)*UP_point)
*100*Lots)*0.01;
if(M <= 0){M=0;}
double LotsBS=Lots+M;

if(lot_SW == 0){LotsBS=0.0;}

double BH=0;
double BL=1000;
BH=iHigh(NULL,0,1);
BL=iLow(NULL,0,1);
double diff=(BH - BL)/Point;

double diffB=(BL - iOpen(NULL,0,0))/Point;
double diffS=(iOpen(NULL,0,0) - BH)/Point;

Comment("sarvertime:",TimeToStr(TimeCurrent(),TIME_DATE|TIME_SECONDS)
,"|",AccountCurrency()," 口座",AccountBalance()
," 有効",AccountEquity()," 必要",AccountMargin()
," 余剰",AccountFreeMargin(),
"\nDIFF= ",diff," diffB= ",diffB," diffS= ",diffS," LotB= ",i_B," LotS= ",i_S);

if( lot_SW > 0 ){

if( diffS >= WEEK_Diff && BH < iOpen(NULL,0,0) && i_S <= 1 ){
//SELLシグナル
OrderSend(Symbol(),OP_SELL, LotsBS, Bid, Slippage, Bid+MathRound
(((diffS*Point)/2)*MathPow(10,Digits))/MathPow(10,Digits), Bid-(diffS+profitS)
*Point, COMMENT, MAGIC+MAGIC0,0,Red);
}

if( diffB >= WEEK_Diff && BL > iOpen(NULL,0,0) && i_B <= 1 ){
//BUYシグナル
OrderSend(Symbol(),OP_BUY, LotsBS, Ask, Slippage, Ask-MathRound
(((diffB*Point)/2)*MathPow(10,Digits))/MathPow(10,Digits), Ask+(diffB-profitB)
*Point, COMMENT, MAGIC+MAGIC0,0,Blue);
}
}//if( lot_SW > 0){

return(0);
}




全通貨ペアで使えます。適当に改造して使って下さい。
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2011-07-08 01:00
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(7) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

同じEAでも結果は千差万別

同じEAでもFX会社によって違った結果に成る例です。

バックテストので期間も同じなんですが、会社によって大きく結果が異なっています。
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/XM_EURUSD_1M_20150101_20160204.htm
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/OANDA_EURUSD_1M_20150101_20160204.htm
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/Forex_EURUSD_1M_20150101_20160204.htm
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/FXTF_EURUSD_1M_20150101_20160204.htm
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/Gtame_EURUSD_1M_20150101_20160204.htm

同様に、バックテストとフォワードでも、同じEA同じ会社で大きな違いが
出てくるのですよね。

普通、実践では悪い方にシフトします。
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2016-02-05 23:18
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(1) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

とんでもないEAが出来始めてきた。

もうあかんわぁ。。。

恐ろしいEAが作れるようになった。

定番のUSDJPYで年間1000万円級
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/OANDA%20USDJPY%204H.htm

GBPUSDでは年間、5千万円級
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/OANDA%20GBPUSD%204H.htm

EURUSDなら年間、4億円級
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/OANDA%20EURUSD%204H.htm

EURJPYで年間、8億円級
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/OANDA%20EURJPY%204H.htm

スプレッドもスッゴク大き目な検証でも、コレですわぁ。。。

更に、恐ろしく低い勝率のEAも作成中。何と勝率20%台なのに、
爆益!!のアホあほEA
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2016-03-04 00:40
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(2) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

スイング系のEA

FX-ONに色々出してますが、スキャル系EAばかりなので、
最近はスイング系の開発にも力を入れてます。

今度の新型がコレ。4時間足のEAです。
http://info-get.sakura.ne.jp/EA/H666.htm

勝率60%台で、結構勝率が良くなってきました。

フラクタルを意識したトレードで、ブレイクアウトを狙ったり、
レンジ状態でも、反転往復を狙ったり、
単純にローソク足の反転を狙ったり、
平均足の反転を狙ったり、
順張り、逆張りを交えたEAにしてみました。

一つ一つの手法では、時期によって調子が良かったり
悪かったリスのですが、色々組み合わせると安定してきますね。

スキャル系も合体させるとモット良いかなとは思いましたが、
2つEA動かせば良いし、暫くフォアードテストですね。
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2017-02-08 13:56
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(0) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

MT4のバックテストって、円ベースでも出来ること知ってましたか?

エキスパート設定の
「テスト設定」の「初期証拠金」に以下のように、大文字で【JPY】と入力するだけ。
下記の例では、10万円スタートでバックテスト。
JPYのバックテスト.jpg
posted by 偽トラリピ⇒トルリピ君−R at 2017-05-15 14:09
こいつが、神をも恐れぬトラリピ君の ↑ 偽者 ↑ です。

応援して下さると更に危険な分析するかも。 | Comment(0) | EA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする